豊橋技術科学大学 技術科学イノベーション研究機構(RITI)

研究所・センター

ホーム »  研究所・センター »  エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)

エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)

stit01.gif

世界トップクラスの研究開発、異分野融合研究拠点を目指して

photo01.jpg
所長
澤田 和明
エレクトロニクス先端融合研究所(Electronics-Inspired Interdisciplinary Research Institute:EIIRIS、通称アイリス)は、photo02.jpg2010年10月に設立された本学初の研究所であり,技術科学の探求と応用,すなわち,スマートセンシングやフォトニクス情報デバイスなどエレクトロニクス革新技術の研究と先端的応用分野(ロボティクス,情報通信,ライフサイエンス,農業工学,環境,防災など)との融合研究を発展させることを目的とした研究拠点です。

 2019年4月に,これまでの2つの研究領域から,5つの研究分野に拡充し研究体制により, 新たな研究開発を行う異分野融合研究拠点として,スタートしております。http://www.eiiris.tut.ac.jp/ 

 革新センシング技術創生分野
 
これまで、蓄積してきた世界的にも高く評価されているセンサ、MEMS、 LSI設計製作技術を活用し様々なデバイスを実現してきました。この強みと材料研究機関・応用研究機関との共同により革新的なセンサ・MEMSデバイスの創成と実証を進めます。 

 革新センシング技術展開分野
 様々なセンサにより獲得した動作や脳波などの生体情報に基づいて、ヒトの認知情報処理の解明を進めるとともに、ヒトのコミュニケーションの背後にあるメカニズムの理解や人間と機械の相互作用技術へ展開します。

 先端農業工学分野
 植物工場などの環境制御型植物生産を対象として,植物生体情報に基づいた高度な栽培・労務管理を実現するための植物診断技術(クロロフィル蛍光画像・匂い成分・光合成・蒸散等の計測)の開発と社会実装を行っていきます。

 先端環境センシング分野
 我々のグループでは、低ノイズ超伝導ジョセフソン接合を作製する技術を開発し,高感度SQUID (Superconducting Quantum Interference Device) 磁気センサに適用,非破壊検査や超低磁場MRI技術に展開していきます。また,マイクロ波力学インダクタンス検出器(MKID)などのテラヘルツ光センサの均一化や高感度化を進めていきます。

 先端生命科学分野
 生命のシステム的理解を目指し,無脊椎動物,げっ歯類,霊長類の実験区域を維持管理しながら,生物間相互作用,行動,神経活動,遺伝子発現に関わる研究を、センサ開発とともに融合的に進めています。

stit02.gif

半導体集積回路の全てが学べるLSI工場

photo09.jpg半導体集積回路の設計から製造、photo10.jpg評価まで一貫して行える「LSI工場」は、世界でもトップクラスの設備です。半導体集積回路(IC、LSI)とセンサ技術やナノテクノロジーなどを融合させた「機能集積化知能デバイスの開発・研究」をテーマに掲げ研究・教育を推進しています。

ページ上部へ