豊橋技術科学大学 技術科学イノベーション研究機構(RITI)

戦略研究部門

ホーム »  戦略研究部門 »  創発型システム研究部門(2019) »  SQUID磁気センサを用いた電池部材検査装置の開発と社会実装

創発型システム研究部門(2019)

SQUID磁気センサを用いた電池部材検査装置の開発と社会実装

Development of Ultra-Sensitive Contaminant Detection System for Li-ion Battery Components

1-8 エレクトロニクス先端融合研究所/応用化学・生命工学系 田中 三郎

ガソリン自動車から電気自動車へのEVシフトが進んでおり、高性能リチウムイオン電池の需要が急速に伸びています。液体窒素冷却の超高感度SQUID磁気センサを組み合わせることで、電池部材中の10ミクロンの微小金属異物を検査する新規技術を開発します。企業との連携で早期に市場投入できる装置の開発を目指します。

ページ上部へ