豊橋技術科学大学 技術科学イノベーション研究機構(RITI)

戦略研究部門

ホーム »  戦略研究部門 »  創発型システム研究部門(2020) »  マイクロ流体チップテクノロジーで食の安全を診る・操る

創発型システム研究部門(2020)

マイクロ流体チップテクノロジーで食の安全を診る・操る

Microfluidic-based Genetic Diagnostic and Improving Technologies for Enhancing Food Safety

1-1 機械工学系 柴田 隆行

2020emergent_photo01.png

手のひらサイズのマイクロ流体チップ上で、①複数種類の病原体(ウイルス・細菌など)の簡便かつ迅速な遺伝子診断技術の実現と、②ゲノム編集やエクソソーム機能改変などによる農作物・食品の高効率・高精度な創成を可能とする液滴電気穿孔技術を確立し、「食の安全」に資する革新的技術の実用化・産業化を目指します。

ページ上部へ