豊橋技術科学大学 技術科学イノベーション研究機構

戦略研究部門

ホーム »  戦略研究部門 »  社会システム研究部門(2016) »  流域からの水質汚染物質の流出機構解明

社会システム研究部門(2016)

流域からの水質汚染物質の流出機構解明

Investigation of mechanism of water pollution material runoff

2-6 建築・都市システム学系 横田 久里子

society_photo03.jpg

点源汚染源(工場、下水処理場など)や面源汚染源(森林、田畑など)からの排水負荷について、濃度と負荷量の観点から調査・分析することで、汚染源ごとの排出負荷量を算定し、公共用水域における汚濁負荷物質の移動メカニズムを解明します。

ページ上部へ