豊橋技術科学大学 技術科学イノベーション研究機構(RITI)

機構概要

ホーム »  機構概要 »  学長挨拶・機構長挨拶

学長挨拶・機構長挨拶

学長挨拶

gakutyophoto.jpg
豊橋技術科学大学長
寺嶋 一彦

 国内外のリーディング企業やトップ研究機関との協働研究を進めることによって本学の研究力を向上させることを目的に、平成28年4月1日、「技術科学イノベーション研究機構(RITI)」を設置しました。RITIとは、既存の研究組織であるエレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)と4つのリサーチセンターに加え、3つの戦略研究部門と先端共同研究ラボラトリーを新たに加えた本学の研究統括組織です。

 エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)は、スマートセンシングなどエレクトロニクス革新技術の研究と先端的応用分野(ロボティクス,AI,情報通信,ライフサイエンス,農業工学,環境,防災、デザイン、化学・材料など)との融合研究を発展させる本学のフラグシップとなる研究拠点です。

 戦略研究部門は、研究テーマの公募制とマッチングファンド制を最大限取り入れ、本学の強みである、センサ・デバイス技術、AIなどIT技術、そしてロボット技術等の最先端ICTやCPS技術と先端的応用分野を融合した様々なプロジェクトからなります。また部門は、価値創造型の創発型システム研究部門、地域や社会と連携した課題解決型社会システム研究部門、 世界のトップ研究機関やリーディング企業との強力な協働体制による先端(融合)研究部門の3つから構成されています。既存のEIIRISと4つのリサーチセンターと連携しつつ、オープンイノベーション実現に向け研究を推進しています。

 本学は、研究大学強化促進事業、産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)、国立大学経営改革促進事業等、研究に関する大型プロジェクトに採択されており研究大学として活動しています。基礎的な研究と同時に実用化のための応用研究を同時に推進することで、社会実装や事業化を加速することに努め、世界できらりと光る大学を目指しています。

機構長挨拶

kikotyophoto.JPG
豊橋技術科学大学 理事・副学長(研究・国際・SDGs・内部統制担当)
技術科学イノベーション研究機構長
山本 進一

 令和2年4月1日に「技術科学イノベーション研究機構(RITI)」の第2代の機構長を仰せつかりました。

 技術科学イノベーション研究機構(RITI)は平成28年4月1日に設置され、その役割は、エレクトロニクス先端融合研究所、リサーチセンター、先端共同研究ラボラトリー、イノベーション協働研究プロジェクトを戦略的に企画・推進・管理・公開していくことです。特に平成27年度から新しく設置した先端共同研究ラボラトリーは、海外の有力大学の研究室や国内の有力研究所・企業と、双方の優れた科学技術を融合し世界最先端研究を推進しています。また、イノベーション協働研究プロジェクトは、大学と企業との大型マッチングファンド形式で行う新しい試みで、イノベーション創出を目論み、成果が出つつあります。機構の運営においては研究推進アドミニストレーションセンター(RAC: Research Administration Center)がプロジェクトの企画、契約、法務、知的財産創出と管理等、研究支援をし、順調かつ円滑に運営がされています。

 本学は、法人化以降、文部科学省の大型事業である、研究大学強化促進事業「研究推進アドミニストレーションセンター(RAC)」、博士課程教育リーディングプログラム「超大規模脳情報を高度に技術するブレイン情報アーキテクトの育成」、

 スーパーグローバル大学創成支援事業、に採択されています。これら3件の文部科学省事業に採択されている大学は全国でも数少ない例です。今後は、オープンアプリケーション方式により、エレクトロニクス技術を核に、ロボット、人工知能・IoTなど情報通信、医療福祉・生命工学のライフサイエンス、化学・新材料、農業、耐震・防災、環境・都市工学、分野等との積極的な異分野融合により先端研究を強力に推進し、いくつもの突出した研究を生み出し、イノベーションを核にした創造的な新産業の創生を目指しております。

ページ上部へ